真木よう子離婚の原因は?夫で旦那の片山怜雄って?

スポンサーリンク

女優の真木よう子(32)さんが、2008年11月に結婚した元俳優の片山怜雄(れお)さん(33)と離婚したことが25日、スポーツ報知の取材で分かりました。

今月中旬に離婚届を提出してます。すれ違いの生活を送っていたことなどが原因とみられますが、円満に離婚が成立したため、双方に慰謝料などは発生しないようです。

真木よう子離婚の原因は?

8年目を目前にして、真木よう子さんが結婚生活にピリオドを打ちました。持ち前の美貌と卓越した演技力で活躍の幅を広げていますが、片山さんとの夫婦生活は、順風満帆なものとはいかなかったようです。2008年11月に結婚して6年10か月です。関係者によると、今月中旬に離婚届を提出してます。仕事の関係先や親しい知人などには、すでに報告を済ませているようです。離婚の原因ですが、2人の生活のすれ違いによるものといいます。結婚生活を送っていく中で、考え方の相違が大きくなっていったとみられました。2009年に誕生した長女は6歳になり、来年4月から小学1年生です。娘のことを思えば苦渋の決断だったが、双方合意の上で離婚を選択したようです。協議の結果、真木よう子さんが親権を持つことに決まり、慰謝料などは発生しないとのことです。片山さんは、かつて俳優をしていましたが、真木よう子さんとの結婚を前に表舞台から離れています。

真木よう子の夫で旦那の片山怜雄って?

片山 怜雄(かたやま れお、1982年4月1日 – )は日本の元俳優です。兵庫県西宮市出身で血液型はO型です。兵庫県立西宮北高等学校出身です。俳優の頃はアミューズに所属していました。2008年11月、女優の真木よう子と結婚し、2009年5月、第一子となる女児が誕生しています。そして今年9月に離婚を発表しました。現在は、リリー・フランキーに弟子入りし小説家を目指しています。

真木よう子のプロフィール

真木よう子(まき・ようこ)
1982年10月15日、千葉県生まれで32歳です。2001年映画「DRUG」でデビューし、06年「ベロニカは死ぬことにした」で映画初主演しました。同年「ゆれる」で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞し、フジテレビ系「SP」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」や民放の「問題のあるレストラン」、映画「モテキ」など数多くの映画、ドラマに出演しています。2014年の第37回日本アカデミー賞では35年ぶりの快挙となる最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞の2冠達成しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする