奈良県紅葉の見ごろ時期の穴場は當麻(当麻)寺西南院

スポンサーリンク

當麻寺(たいまでら、常用漢字体:当麻寺)は、奈良県葛城市にある7世紀創建の寺院です。そして、西南院は双塔を見渡せるお庭で有名です。紅葉の季節は迫力があります。また、他の季節にも色んな花が楽しめる趣向になっています。二十段ほどの高台に上ると紅葉越しに西塔が、そして奥には東塔が見えるベストアングルがあります。ちなみに西南院では、11月21日~30日に、本尊・三観音など寺宝の特別開帳が行われます。

奈良紅葉穴場の當麻(当麻)寺西南院の見頃時期、時間は?

◆見頃:11月中旬~12月上旬

◆住所:奈良県葛城市當麻1263

◆時間:9時~17時

當麻寺1

奈良紅葉穴場の當麻(当麻)寺西南院の料金、お問い合わせは?

◆料金:大人500円・小学生250円(平成26年10/1-11/30は絵天井特別公開のため +100円です)

◆お問い合わせ:0745-48-2008(奥院)

奈良紅葉穴場の當麻(当麻)寺西南院のアクセス、駐車場は?

◆アクセス
・近鉄南大阪線当麻寺駅から徒歩15分
・南阪奈道路葛城ICから5分

◆駐車場
・大型車以外は「當麻寺」交差点より門前町を通行できます。門前等の駐車場の駐車台数は限られます。
・165号線バイパスを南下して道の駅「當麻の家」を過ぎて4つ目の信号の「當麻寺」交差点を越えてすぐ左に「當麻観光駐車場」があります。または、道の駅「當麻の家」を過ぎ、4つ目の信号のある「當麻寺」交差点を右折すると當麻寺仁王門前等に民営駐車場があります。