京都の紅葉2015の時期予想と穴場おすすめは?

スポンサーリンク

近所の運動会が終われば季節は秋到来です。秋といえば紅葉ですよね。全国津々浦々で紅葉の情報が聞かれます。中でも全国的に有名なのが京都の紅葉です。では、2015年の京都の紅葉の時期は?穴場でおすすめは?

京都の紅葉2015の時期予想は?

京都の例年の身ごろな時期、平均的な期間は、11月中旬から12月中旬までごろです。過去10年間の平均では11月上旬~12月上旬ですが、ここ数年なら11月中旬から12月中旬の1ヶ月間となっています。あくまでも過去のデータに基づいてですが。では、具体的にみていきましょう。京都の紅葉は、高雄、大原、貴船などの山間部は11月中旬、嵐山、東山、洛北は11月下旬に見頃を迎えます。色づきの早い年と遅い年とでは、10日前後、見頃の時期がズレますので気をつけてください。嵐山地区で、早い年は11月20日頃に見頃のピークとなりますが、遅い年は12月初めにピークとなります。色づきが始まってからの気温により、比較的長く(10日以上)見頃が続く年と、桜並の短い(5日程度)見頃となる年もあります。では、今年はどうでしょうか?8月25日に発表された気象庁の3ヵ月予報では、9月と10月の気温が平年並で、11月の気温は平年より高いと予想されています。であれば、京都の紅葉は、平年よりやや遅くなる見込みです。ただし、色づき始めはほぼ平年並ですが、11月に入ってからの色づきの進み方がゆっくりとなる見込みです。

京都の紅葉2015の穴場は?

◆高雄・大原・貴船

・神護寺
◆嵐山・嵯峨野

・祇王寺
・常寂光寺
・二尊院
・宝厳院

◆東山

・東福寺
・永観堂(禅林寺)

◆洛北

・圓光寺
・蓮華寺

◆長岡京

・光明寺

京都の紅葉2015のおすすめは?

紅葉シーズンは、京都がもっとも混む時期です。名所周辺や市内では渋滞がひどく、車での移動(バスを含む)は、時間の計算ができません。そのため「電車」と「徒歩」による移動をお推めします。平時であれば、バスは便利な交通ですが、紅葉時期、桜のピーク時、京都三大祭などの大きな祭りが行われる日だけは、通勤ラッシュ以上の混雑となり、さらに渋滞のため遅延も発生し、「使えない」ことも多いです。特に「帰りのバス」の混雑がすごく、着ても乗れないことが度々あります。タクシーもつかまらず、結局、近くの駅まで歩くことになる可能性もあります。そのため、電車で近くまで行くことができる名所は、「鉄道+徒歩」での移動をお推めします。それとこれも重要です。それはトイレです。紅葉の各名所にトイレはありますが、この時期は人が多いため、トイレの前に長い行列ができます。とくにツアーバスが横付けできる名所は、女子トイレに長い行列が出来、30分待ちになるところもあります。駅周辺でトイレを済ませたあと、名所に向かうことをお推めします。トイレは駅・改札口の中にあることが多いため、改札口を出る前にトイレで用を済ませましょう。また、京都の紅葉名所は、山の中や山の裾野に位置しているところが多く、坂道や石段を歩くことになります。歩きやすい履き物で行動することをおすすめします。京都の紅葉の名所の中でも、三年坂(清水寺への参詣道、東山)がすごく混みます。三年坂は急な石段のため、誰が一人が躓いただけで将棋倒しとなり、大きな事故になる可能性もあります。三年坂を使わないルートをお推めします。清水寺へは茶わん坂を登り、参拝後も茶わん坂から下りてくるルートをお推めします。