日常生活で気をつける目の紫外線対策の具体的な方法、UVケアって?

スポンサーリンク

紫外線は3月~4月ごろから急激に増え、8月にピークを迎えます。最近は、美肌・美白ブームで紫外線対策や日焼け対策に気をつけているかと思いますが、紫外線による被害は皮膚だけではありません。実は、無防備な目にも影響を与えているのです。そこで、今回は目の紫外線対策が重要な理由や日常生活で気をつける目の紫外線対策の具体的な方法、UVケアについて紹介します。

目の紫外線対策が重要な理由って?

紫外線は、肌や髪だけでなく、目においてもさまざまなリスクの要因になり得ます。例えば、紫外線により活性酸素が過剰に発生することで白目が黄ばんだり、角膜が傷ついて充血やヒリつく痛みの原因になったりするほか、目の病気につながる可能性もあります。視界がゆがんで見えたり、部分的に暗く欠損したりする「黄斑変性症」、白目の部分が隆起し、黄色く変色している「瞼裂斑(けんれつはん)」などは、紫外線によるダメージの蓄積が危険因子の一つとして知られています。

最近では、紫外線が「酸化」だけでなく、「糖化」につながることがわかってきています。糖化とは、タンパク質と糖が結合することです。結合してできた物質は「AGE(終末糖化産物)」と呼ばれ、目では老眼を促進したり、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する「白内障」の一因になったりなど、目の老化を助長する原因になります。

日常生活で気をつける目の紫外線対策って?

基本的には、朝と夕方に気をつけましょう。昼は頭上から太陽の光が降り注ぎますが、朝や夕方は、斜めの角度から直接目に紫外線が入りやすいからです。日本人は、瞳の光彩の色が濃いため、欧米人と比べてまぶしさを感じにくいのですが、たとえまぶしくなくても紫外線を浴びている可能性は大いにあります。というわけで、曇りの天気などのときにもしっかりUVケアをすることが重要です。また、室内や、車の中でも油断は大敵です。窓からの紫外線にも気をつけることも重要です。

目の紫外線対策の具体的な方法、UVケアって?

基本は、紫外線を遮断することが重要です。そのためには、日常的にサングラスをかけることをおすすめします。ポイントは、「UVカット」が施されているものを選ぶこと。一方で、サングラスの「色の濃さ」は、紫外線カットの機能とは関係しません。UVカット機能のない、ただ色が濃いだけのサングラスをかけていると、瞳孔が開くため、かえって多くの紫外線を目に取り込むことになってしまうので要注意です。

サングラスをしていても、すき間から紫外線が入りこんでしまうことがあります。そのため、フレームが大きめで、しっかりと目の周りもカバーしてくれるデザインのものを選ぶほか、角膜ダメージを修復する機能のある目薬で適切にケアしてあげることも重要です。

角膜ダメージの放置は、炎症を悪化させたり、前述のような眼病を引き起こしたりする原因にもなります。角膜の組織代謝を促進してダメージ修復をうながす活性型ビタミンB2や、角膜にうるおいを与えて保護するコンドロイチンなどの成分が含まれている目薬を選んで使用することをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする