乳頭温泉郷 鶴の湯温泉の場所、予約、料金、日帰り入浴、アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

鶴の湯温泉は、乳頭温泉郷の中で最も古い歴史を持ち、秋田藩主の湯治場だった由緒ある温泉です。今なお警護の武士が詰めた茅葺き屋根の長屋「本陣」が残っています。鶴の湯には4種類の泉質の異なる源泉があり、それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれています。 その昔、地元マタギの勘助が山の中で傷を温泉で癒しているのを見つけたのが鶴の湯の名前の由来だといわれています。

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉の場所、住所、予約、お問い合わせは?

◆住所:秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50

◆予約・お問い合わせ:0187-46-2139(予約受付は電話のみ)

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉の宿泊料金、日帰り入浴は?

◆宿泊料:8,790~16,350円(消費税・入湯料込)
・1号館 10,950円
・2、3号館 8,790円
・本陣 9,870円
・新本陣、東本陣 13,110円~16,350円
※冬期間は一部屋につき1,080円の暖房費がかかります。

◆収容:収容 100人 和室30

◆日帰入浴
・料金:510円(月曜日露天風呂不可)
・時間:10:00~15:00

tsurunoyu_2735

(乳頭温泉郷HPより)

乳頭温泉 郷鶴の湯温泉へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
【JR】
・東京駅より2時間50分
・仙台駅より1時間16分
・盛岡駅より35分
・秋田駅より57分

秋田新幹線こまちでJR田沢湖駅下車。駅前に定期バス(羽後交通 乳頭温泉行)発着所があります。田沢湖駅に着いたら何時のバスに乗るかを電話すれば送迎車がアルパこまくさバス停まで迎えにきます。乳頭線のバスは1時間に一本です。

【車】
・東京・仙台方面から
盛岡インターから国道46号線で秋田方面へ田沢湖町へ入り国道341号に右折・先達沢交差点で右折(ENEOSのガソリンスタンドあり)13kmほど県道を登ったところで左折、鶴の湯の木製の看板がでているので左折、3km鶴の湯林道をすすむと途中別館山の宿を経由し鶴の湯温泉へ。

・秋田市・秋田空港方面から
秋田市からは国道13号~国道46号を通り 田沢湖に入ってからは国道341号へ左折・先達沢交差点を右折後13kmで鶴の湯温泉入口です。

【飛行機】
・羽田空港より1時間5分
・新千歳空港より55分
・伊丹空港より1時間40分
・中部国際空港より1時間25分
・秋田空港~乳頭温泉 秋田エアポートライナーで2時間10分