海の中道海浜公園の菜の花と桜の見頃開花状況とアクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

福岡市東区にある海の中道海浜公園は、293.5万平方mの広大な敷地を誇り、家族連れはもとよりデートスポットとしても利用者が多い国営公園です。

菜の花と桜、チューリップ、ネモフィラ、バラ、ヒマワリ、コスモスと四季折々の草花が咲き誇ります。

また、海を眺めながらバーベキューが楽しめるデイキャンプ場、リスザルやカピバラとふれあえる動物の森、巨大トランポリン「くじらぐも“ふわんポリン”」などが人気のワンダーワールドが点在します。夏は西日本最大級のサンシャインプールが人気です。

海の中道海浜公園の場所、時間、料金は?

◆住所:福岡市東区大字西戸崎18-25

◆料金
・大人(15歳以上):410円
・小人(小・中学生):80円
・シルバー(65歳以上):210円
・小学生未満:無料

◆時間
・3月1日~10月31日:9時30分~17時30分
・11月1日~2月末日:9時30分~17時00分

◆お問い合わせ:092-603-1111(国営海の中道海浜公園)

海の中道海浜公園の菜の花の開花見頃時期は?

海の中道海浜公園では、2月中旬から菜の花が見ごろを迎え、春の訪れが近いことを感じさせる鮮やかな黄色のじゅうたんが来園者を楽しませてくれます。

海の中道海浜公園内の3000平方メートルの敷地に早咲きと遅咲きの2種類があり、2月中旬から見ごろの早咲きの菜の花の後には、遅咲きの菜の花が続き、4月上旬まで長い間楽しむことができます。

近くには桜並木もあり、3月下旬からは菜の花と桜の共演も満喫できます。

◆見頃時期:2月中旬~4月上旬

◆お問い合わせ:092-603-1111(国営海の中道海浜公園)

海の中道海浜公園の桜の開花見頃時期は?

海の中道海浜公園内の広い敷地には、桜が約2000本あり、例年3月末に満開となります。 特にサイクリングロードの外周コースの西の方(西サイクリングセンター口近く)に多くの桜があります。

桜の開花の見ごろの時期には桜のトンネルができ、桜の中を気持ち良くサイクリングできます。

◆見頃時期:3月下旬~4月上旬

◆お問い合わせ:092-603-1111(国営海の中道海浜公園)

サイクリング道路は、桜の開花の見ごろ時期には、一般歩行者にも解放されており、のんびりと散策できます。公園内の道なので車もこないし、他の桜の名所のように花見客の騒音もなくて爽快な気分で花見ができます。

海の中道海浜公園へのアクセス方法、駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR博多駅:JR鹿児島本線約11分→香椎駅乗り換え(JR香椎線約20分)→JR海ノ中道駅(駅口ゲート)
・天神駅 :福岡市営地下鉄約12分→貝塚駅乗り換え(西鉄貝塚線約16分)→和白駅乗り換え(JR香椎線約14分)→JR海ノ中道駅(駅口ゲート)

【車】
・都市高速香椎浜ランプ(15分) ⇒国営海の中道海浜公園
・九州自動車道古賀IC(35分) ⇒国営海の中道海浜公園

◆駐車場:あり(普通車:520円)
・西駐車場1,634台(12台)
・マリンワールド駐車場382台(8台)
・ワンダーワールド口駐車場313台(6台)
・海の中道駅口駐車場556台(6台)
・光と風の広場586台(10台)
・デイキャンプ場72台(3台)
※()内は障がい者用です。

◆お問い合わせ:092-603-1111(国営海の中道海浜公園)