秋の抜け毛は生える?期間、本数は、いつまで?頭皮マッサージ効果は?

スポンサーリンク

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、そして抜け毛の秋?ですね。秋に抜け毛が増えるのは「紫外線ダメージ」、「暑さによる食欲不振」、「睡眠不足」、「ストレス」などの夏の生活習慣が大きく関与しています。毛髪の数は個人差はありますが、平均すると約10万本あり、健康な人でも1日に80~100本が抜け落ちます。それが9月、10月になると、多い人では200本も抜けます。まるで紅葉後の落葉のようです。それでは、抜け毛の改善に「効果が期待できる」頭皮ケアとは・・・

秋の抜け毛には再生する抜け毛と回復しない抜け毛がある?

自然の抜け毛は全く心配する必要はありません。髪は生え始めてから、成長を続ける成長期、次に成長が止まって、毛根の角化が始まる退行期、そして毛根が完全に角化して髪が抜ける休止期というサイクルがあります。髪の一生は女性で4~6年、男性で3~5年くらいです。また、抜けると、そこからまた新しい毛が生えてくるので、自然の抜け毛は全く心配する必要はありません。でも、秋の抜け毛がきっかけになり、一時的な抜け替わりのはずが、ずっと抜け続け、エイジングを加速させて、徐々に薄毛へと進行していくこともあります。

秋の抜け毛と頭皮チェック

秋の抜け毛は、新陳代謝の低下から、頭皮の血液の循環が悪くなっているのが、大きな原因です。

簡単な頭皮チェックをどうですか?

【頭皮の健康チェック】

□頭皮がかたい

□頭皮が動きにくい

□頭皮が張っている

□頭皮に赤みがある (健康頭皮は青白い)

【抜けた毛髪をチェック】

□抜けた毛根が細く先が尖っている

□細い毛や短い毛が抜けている

□不自然にごっそりと抜ける

一つでも当てはまれば、秋の脱毛から新たに髪が生まれ変わることもなく、そのまま薄毛へと進行してしまう可能性があります。

頭皮マッサージで血流が増加し髪が元気に育つ?

1b2ee495cebf20ee35324e6bc4785bd8_s

頭皮マッサージを6カ月続けたことで、毛髪密度が増加し、張りやコシも甦えったという研究機関の発表が注目されています。頭髪マッサージを続けたグループは、頭皮の血液量が上昇し、毛髪密度の上昇と正の相関があったということです。毛根に栄養を運ぶ血管は、頭皮と頭蓋骨の間を通っているのでマッサージすることで血管に圧を加えることになります。すると血管が拡張されて、血流がアップし、毛根へ運ばれる栄養が増えると考えられるわけです。ただし、闇雲に頭皮を揉んだり撫でても、それほど効果は上がらず、もっとも効果があったのは押し技で、血液量が90%もアップしたようです。

【頭皮マッサージでは押す技がポイント】

①両手のひらと5本の指で頭を包み込むようにします

②頭を押すようにしながら、頭皮を前後左右にずらすように動かします。

③強く押しすぎないように気をつけましょう。

④マッサージするときは、育毛剤を使うとさらに効果が上がります。

結局は、頭皮マッサージと育毛剤で、コツコツ続けることが何よりも大事ではないでしょうか。

頭皮ケアのための生活の見直しは?

◆睡眠:髪は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって作られます。夜更かしは禁物です。

◆食事:野菜、肉類、魚介類、乳製品、大豆等をバランスよく。髪を作るアミノ酸やミネラルの摂取がポイントです。

◆入浴:湯船につかることで血行がよくなります。頭皮と髪のためにお風呂でストレスを発散もポイントです。

◆運動:体を動かすことは、血行を促進し代謝を高めます。ウォ―キングやストレッチなどの軽い運動で充分です。