頭皮、後頭部、耳の付け根、つむじが痛い時のマッサージ、予防対策は?

スポンサーリンク

突然頭のてっぺんや後頭部がピリピリしたりズキズキした一瞬電気が走ったような痛みの症状が出る経験はありませんか?頭皮が痛む主な原因にはいろいろとあるようです。例えば、頭皮神経痛、あるいはヘアカラー剤などなど。では、痛みのある頭皮に適切なケア方法は・・・

頭皮神経痛の症状、原因は?

頭皮神経痛とは、手足の関節や、ろっ骨などに起こるイメージですが、

同じような痛みが頭皮にも起こることがあります。

・頭頂部がピリピリして痛い
・後頭部がズキズキして痛い
・耳の後ろが痛い
・ブラシで髪の毛をとかすだけで痛い
・頭を洗っているだけで痛い

頭皮神経痛の特徴としては、何の予兆もなくビリッとした一瞬の刺激的な痛みが繰り返し、首の付け根から後頭部にかけて、もしくは後頭部から耳の後ろにかけて発生します。

一度痛みが起こると、数日から数週間続くこともありますが、一般的な頭痛のようなだるさや吐き気などは、ないようです。

頭皮神経痛の主な原因とは、

•睡眠不足が続いている。
•慢性的な肩や首のコリが元で神経を圧迫している。
•今までにない大きなストレスを受けていた。
•運動不足、仕事で長時間同じ姿勢が続くせいで血行不良で代謝が落ちる

などがありますが、個人差があります。

主に精神的ストレスや体の疲れなどがきっかけになることが多く、頭皮神経痛が起こっているときは体が、いつもよりも弱っていると考えてください。

ヘアカラー剤やパーマ液による刺激で頭皮の痛み?

ヘアカラー剤やパーマ液による刺激はありませんか?

髪のおしゃれを楽しむのは、ごく自然なんですが、そのためのヘアカラー剤やパーマ液を使った原因で頭皮が痛むことがあるようです。特にヘアカラー剤については、薬局で手軽に購入できて1人で簡単に使用できるため、頭皮の痛みが起こりやすいのです。しっかり染めようとして頭皮に付いてしまったり、短期間で何度も染めていませんか?

頭皮が赤く、荒れていても自分では確認できないので、痛みの症状が出るまでダメージに気が付かない時があります。

痛みがある状態のまま自宅でのヘアカラーを繰り返していると、頭皮の調子が悪くなり、抜け毛に繋がる可能性になります。敏感肌の方はもちろん、普段は特に影響が出ない方であっても、体調や加齢による体質の変化により、痛みを感じることがありましたら注意しましょう。

頭皮の痛みをなくすには?

3d552579348f61eb35f1817c97f5a32b_s

痛みのある頭皮に適切なケア方法は、どうしたら良いのでしょうか?

頭皮の痛みを感じたら、ヘアカラー剤やシャンプーなどのヘアケア商品などを見直して今まで使った使用を減らし、頭皮にやさしい商品に変えて使ってみてください。頭皮神経痛や頭皮の乾燥にはマッサージもオススメです。

痛みのある所を中心に、痛みの激しい場合は痛みのないところから指を使って優しく揉むようにすれば、頭皮の血行が良くなってきます。頭皮に痛みを感じたら早めのケアをしましょう。頭皮の痛みをそのまま放置してしまうと、頭皮の調子が悪くなり抜け毛につながっていく危険です。頭皮の痛みには必ず何らかの原因がありますので、一度自分の体調やストレス状態やヘアケア方法を見直しましょう。頭皮の血行を良くして、抜け毛を予防するために、頭皮マッサージを習慣をつけましょう。