三次市吉舎町辻の彼岸花群生地の見頃開花状況情報と見どころ、アクセス、駐車場、混雑は?

スポンサーリンク

広島県三次市吉舎町(きさちょう)辻では、ヒガンバナの開花の見ごろの時期になると、中国地方随一といわれるヒガンバナ大群生地で彼岸花が真っ赤に咲き誇ります。

辻地区のヒガンバナの群生地は、馬洗川と水田に囲まれた栗林を縫うように広がっており、自生していたものが自然に増え、さらに地域の保護活動により彼岸花の名所になっています。

ちなみに、広島県三次市吉舎町は「吉舎」と書いて「きさ」と読みます。「吉舎」と書いて「きさ」と読みます。「きさ」の地名の起こりに関しては、後鳥羽上皇の言葉に由来するとの説もあります。

また、吉舎町は弥生時代から人の多く居住した地で、吉舎町内には約400基の古墳が残されています。中世には地方豪族である和智氏の城下町として栄え、その後も山陰と山陽を結ぶ街道の宿場町として長く栄えてきました。

辻のヒガンバナ群生地の彼岸花の開花見ごろは?

広範囲に群生している地域はめずらしく、馬洗川に沿うように広がる深紅の光景は、見応えも十分です。また、講談社発行「週刊 花百科」では、ヒガンバナの名所として全国のベスト10にも選ばれています。秋のカップルでのお花見デートにもオススメです。

◆名称:辻のヒガンバナ群生地

◆住所:広島県三次市吉舎町辻

◆見頃:9月中旬~9月下旬

◆料金:無料

◆時間:随時

◆お問い合わせ:0824-43-3113(三次市吉舎支所地域づくり係)

辻のヒガンバナ群生地の見どころは?

県道脇の群生地入口の橋の所には、ヒガンバナの開花見頃時期には赤い幟が立ち、また橋のたもとに群生地を示す看板もあります。

車は、橋の所のちょっと広くなった路側帯に停める事になります。あるいは、少し離れた所にもクルマを停められる小さな路側帯が幾つかあります。

彼岸花開花見頃の時期は、細い橋(車一台の幅ギリギリです)を渡った左手にも臨時の駐車場が設置されます。

橋を渡り、右手方向に50mほど歩けば彼岸花の群生地となります。群生地は、中央の通路を境に、右手と左手に分かれており、右手の方がより密度が高く、赤と緑の色彩が目にも鮮やかです。

◆お問い合わせ:0824-43-3113(三次市吉舎支所地域づくり係)

辻のヒガンバナ群生地へのアクセスは?駐車場は?混雑は?

◆アクセス

【電車】
・JR福塩線「吉舎駅」から約6㎞

【車】
・中国自動車道「三次IC」から約30分

◆駐車場:有り

◆混雑
・彼岸花が満開となる週末は、道路が大変混雑するため時間に余裕もった行動をオススメします。

◆お問い合わせ:0824-43-3113(三次市吉舎支所地域づくり係)