初詣デート、付き合う前の告白場所のおすすめスポット神社、神宮、大社は?

スポンサーリンク

恋愛成就は神だのみとすれば、初詣は、恋愛にご利益のある神社へ行くに限ります。付き合う前のデートもですが、まだまだ相手が見つからない、でも絶対恋人が欲しい、と思っている人も必見です。恋愛成就におすすめの初詣スポットをご紹介します。

東京大神宮(東京都千代田区富士見)

現在では一般的に行われている神前結婚式は、明治時代、当時の皇太子殿下のご成婚を記念し、この神社で創められたものです。東京大神宮で祀られているのは、天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)。江戸時代には気軽に行くことのできなかった伊勢神宮のご祭神を祀り、東京のお伊勢さまとして親しまれています。また、造化の三神が併せて祀られていることから、万物を結び合わせる働きがあるとされ、縁結びのご利益を求めての参拝者が増えています。

川越氷川神社(埼玉県川越市宮下町)

川越氷川神社は約1500年前に創建されたと言われている、歴史の長い神社です。祀られているのは、素盞鳴尊(すさのおのみこと)を始め、縁戚関係にある五柱の神々。そのうちの2組が夫婦であることから、川越氷川神社は、縁結び、また家族円満にご利益があるとされています。神社の言い伝えから、境内の玉砂利を麻の網に包んでお祓いした「縁結び玉」、運命の赤い糸伝説に由来する「結い紐のもと」などの縁結びグッズがあります。

伊勢原大神宮(神奈川県伊勢原市伊勢原)

創建は江戸時代、この地を開墾するにあたって、伊勢神宮の神様を勧請して、ご祭神とすることにしました。伊勢神宮にならって、天照皇大御神が内宮に、豊受姫大神が外宮にという形で祀られています。開墾されたこの土地の伊勢原という名前のもとともなっています。

内宮と外宮に象徴されるように、万事円満を祈念する伊勢原大神宮には、縁結びや夫婦円満、子宝の子利益を求める参拝者が訪れます。

生田神社(兵庫県神戸市中央区)

関西で縁結びの神様といえば、生田神社です。創建は3世紀ごろ、日本書紀にも記されています。ご祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)、天照皇大神の幼名とも妹神とも言われている神様です。境内にある松尾神社では、杉の木に向かって静かに恋愛のお祈りをすれば成就すると言い伝えられ、若い参拝者が大勢訪れます。赤白ペアの縁結びのお守りは、一緒にお参りした2人がそれぞれに持つと、2人の願いが叶って結ばれるという噂から人気です。

出雲大社(島根県出雲市大社町)

神様の国出雲にあって、その中心となるのが出雲大社。創建は、古事記や日本書紀に記述が確認できるほどにさかのぼります。祀られているのは、だいこくさまとも呼ばれている大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。すべてを結ぶ力があるとされ、五穀豊穣、家内安全などにご利益がある「福の神」として信仰されています。とりわけ縁結びの効験があると有名で、江戸時代の文学では既に仲人の神と表現されているほどです。