馬刺しの栄養効能と安い業務用馬刺しを通販でお取り寄せ?

スポンサーリンク

馬肉(馬刺し)を食べたことありますか?最近では、馬肉(馬刺し)に含まれる栄養効能で美容にもいいといわれています。といっても居酒屋のメニューで見かけることはありますが、近所のスーパーでは見かけない食材でもあります。通販でお取り寄せすることはできないかとネットで検索すると意外と購入しやすいようです。中でも、業務用馬刺しを個人向けにも通販で販売しているサイトもあります。

業務用馬刺しを通販でお取り寄せ?

馬肉とは馬の赤身肉で、サクラともいあわれ、一般的には馬刺しとして知られています。ほかに霜降り(バラ肉)、たてがみ(たてがみの下の脂身)などの部位が馬刺しに用いられています。

厚生労働省によると-20℃で48時間以上冷凍することにより寄生虫が死滅し生食可能となるそうです。というわけで、馬刺しの通販サイトをみると、どの通販ショップも「冷凍真空パック」でのお届けになっています。

便利なのは、お一人用(50g)に小分けした冷凍真空パックが多いので、必要な個数だけを半解凍状態でスライスして食べられるということです。

価格帯に幅があるのは、「霜降り」の状態によるものです。霜降りの状況にこだわらずに、赤みだけの馬刺しに限れば、低価格で馬刺しを堪能できます。

あとは、通販に必須の「送料」をどうするかでしょうか。どの馬刺し通販サイトも「○○円以上で送料無料」となっていますので。

ちなみに、馬肉は馬刺しのほかにも、燻製や缶詰、ニューコンミートなどの加工品もあります。レシピサイトでは、馬肉丼、ロースト、煮込みなどのレシピや馬刺しのたれの作り方なども紹介されています。

馬肉の種類は?

馬肉は、日本国内では縄文時代以降に食用として利用されていたといわれています。現在では、アメリカやカナダから輸入されたものが市場に出回っています。

種類としては、重種馬と軽種馬があります。重種馬は霜降りの肉質で柔らかくなっています。これはもともと食用に開発された馬のためで、ブルトンやペルシュロン、ノルマンなどが知られています。軽種馬は競馬用として飼育されているもので、サラブレッド系に属します。

一般的ですが、食用として飼育されるのは体の大きい重種馬で、調理では桜鍋や馬刺しなどに利用されます。

日本国内での産地は長野県や熊本県で、特に熊本県では一般処理され牛肉と同じように扱われています。

馬肉に期待される効能・効果とは?

馬肉はスタミナ増強目的で用いられたり、貧血を改善するのに有用とされます。また、生活習慣病である動脈硬化や高血圧、糖尿病の予防にも馬肉が役立つと考えられています。

含有される馬肉の成分には、カルノシンやグリコーゲン、ペプチド、ヘム鉄などがあります。

カルノシンは糖尿病や動脈硬化を防ぐのに有用とされており、活性酸素を除去し、細胞の酸化を抑える働きがあると言われています。

グリコーゲンはスタミナ増強や疲労回復を促す働きがあると言われている他、肝臓の解毒の働きを高める作用もあると考えられています。この成分はブドウ糖に転換され、エネルギー源となります。

ペプチドは血圧低下作用があると言われており、血圧上昇を招くホルモンの発生を邪魔する働きがあると考えられています。

ヘム鉄は造血作用を促し、貧血を防ぐ働きがあると言われており、非ヘム鉄に比較すると数倍の吸収率があると考えられています。また、非ヘム鉄は野菜などに含有されており、ヘム鉄は魚介類などに含有されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする