七五三はいつ2015は?年齢は?3歳は?

スポンサーリンク

七五三は「いつ」にするのか知ってますか?最近は朝晩が涼しくなってきており、季節は夏から秋へと変わりつつあります。子供の秋の代表的な行事といえば、七五三などがありますが、なかには七五三を何歳でするのか、わからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

七五三はいつ2015は?

2015年の七五三は11月15日(日・先勝)です。2015年の10月・11月の土日祝日と大安日の様子をみると、2015年も昨年に続き、土日祝日と大安日が重なる日が少ないのが特徴です。そうするとお子様の七五三を予定するパパさんやママさんの仕事や都合などにより、やはり土日祝日とにお参りのピークが分散することが予想されます。その中でも七五三の神社へのお参りのピークになりそうなのが、やはり「七五三の日」にあたる11月15日(日・先勝)が日曜日にあたるので、昨今の「やっぱり七五三は伝統にならって、11月15日に行いたい」という流行りと重なり、とくに大きな神社を中心に混み合いそうです。また、前日の11月14日(土・赤口)と「赤口」でお日柄的にはあまり良くないのですが、七五三の日に近い土曜日の休日ということで、やはりこの日も神社や七五三に関わる各店舗(美容室・写真館・レンタル衣裳店・ホテル・レストランなど)は混み合うことでしょう。また上記の前の週に当たる11月8日(日・大安)が、2015年の七五三お参りの時期で、唯一『大安&休日』が重なる日なので、この日も参拝予定のご家族が集中することでしょう。

七五三はいつ年齢は?

七五三 いつ?数え年で?満年齢で?何歳で?年齢に関しては、満三歳、五歳、七歳、でお祝いするのか?数え年で三歳、五歳、七歳、でお祝いするのか?という疑問がでますが、今では、女の子は、満三歳、満七歳で、男の子は、満三歳、満五歳でと満年齢でお祝いするのが一般的です。昔は数え年でお祝いしていました。年の近い兄弟姉妹がいる場合、上の子の満年齢にあわせて下の子は数え年で、っと一緒に七五三を祝う方法もよくあります。また地域や家庭によって、「数え年で」「満年齢で」と慣例がありますので、事前にまわりの人に確認しておくのもいいでしょう。ちなみに、七五三は、主に「七五三の日」である11月15日にお参りをしますが、有名神社などは、当日だけでなく、前後1週間は大変混み合います。ということは?七五三の日当日でなくとも?はい!大丈夫です。近年は、11月15日は神社が混み合うので、そこを避けてお参りに行くという方も増えています。

七五三はいつ3歳は?

お子さんの晴れ姿を拝める七五三。この日のために早くから準備をされる親御さんも多いでしょう。早生まれのお子さんを持っている方は、今年やればいいのか?来年やればいいのか?で、迷われると思います。そもそも七五三とはですが、子供が、3歳、5歳、7歳になった時に、成長を祝う年中行事です。由来は諸説ありますが、江戸時代、徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力です。3歳の時は、男女共に参加し、5歳は男子が袴を、7歳は女子が着物を初めて着用する行事として行います。七五三を行う日は毎年決まっていて、11月15日に七五三を行います。最近では、混雑を避けるために、10月中旬~11月上旬の土、日、祝日で早めに済ませたり、11月15日を過ぎてから済ませるなど、時期を外して行うことも珍しくないです。昔は数え年を基準にして七五三を祝っていましたが、最近では、満年齢でお祝いすることが多いようです。3歳の時の七五三ですが、数え年だと2歳半とまだ小さいので、無理をさせないで翌年に回す方が多いようです。長時間の参拝や、写真撮影に耐えられなかったりと、満3歳でも大変みたいですね。それだったら、無理に早めにやらなくても翌年に回して、子供が成長した姿を収めたほうがいいということです。5歳、7歳の七五三に関しては、地域、家庭の慣例や、周りに合わせて祝うことが多いですね。