フェイスリフトアップの方法やグッズ、レーザー施術

スポンサーリンク

加齢と共に、顔にはたるみやしわが目立ってくるものです。鏡を見るたびにため息、なんて方は多いんじゃないでしょうか。そんな悩みを解消する手段がフェイスリフトアップです。フェイスリフトアップとは文字通り「顔を持ち上げる」こと。顔のたるみを、持ち上げ、目立たなくすることで見た目の年齢が、5~10歳若返ることができます。

フェイスリフトアップの方法

エステなどに行かずに、自宅でフェイスリフトアップは可能でしょうか。年齢を重ねると共に気になるのが顔のたるみです。フェイスリフトアップをしてみたいけれど美容整形までするという人はそれほど多くないでしょう。金銭的な出費なく、家にいながらできるようなフェイスリフトアップケアは、どんなものがあるでしょう。フェイスリフトアップを手軽に行いたい人におすすめなのが、リフトアップマッサージです。顔に流れるリンパの流れに沿ってのマッサージや、表情筋を揉みほぐすことは、顔全体のリフトアップ作用が得られるといいます。目の回りの筋肉が衰えると、目尻が下がって見えるようになります。筋肉をほぐして鍛えることによって目元の血行が良くなり、クマや小じわをふせぐ対策になるでしょう。まぶたのむくみもリフトアップマッサージを継続することで、すっきりとさせることが可能です。まぶたのような、目の周囲のマッサージはエステのレーザーなどで施術が行われまいため、隅々まで自力でマッサージをすることです。前頭骨がずれたり、ゆるむことによって額のしわができるので、前頭骨をマッサージでほぐしてリフトアップすることが重要です。フェイスリフトアップマッサージは、2本の指で、毎日時間をかけて行うものです。長く続けられるかがどうかがポイントてす。

フェイスリフトアップグッズ

フェイスリフトアップによって、しわやたるみのない引き締まった顔になりたいという人は多いようです。最近さまざまなフェイスリフトアップのグッズが注目されています。フェイスリフトアップに役立つグッズを使っていつでも自宅にいながらリフトアップをすることができます。ターバンを使ったリフトアップは、多くの人の関心を集めています。普通のターバンよりも顔を引き上げる力が強いもので、下から上に引き上げる力でお肌を下から上に持ち上げてくれるものです。皮膚の引き上げ効果だけでなく、お肌のお手入れ時に髪を覆っておくこともできます。また、スキンケア時にこのリフトアップターバンを使えば、閉じていた毛穴が開きます。洗顔で毛穴の汚れを取れやすくなったり、化粧水の有効成分がしみ込みやすくなります。フェイスリフトアップのマスクもおすすめのグッズです。首から頬にかけてのたるんだお肌をぐっと引き上げるためのマスクです。フェイスリフトアップに効果のあるマスクを使えば、たるみが気になる顎や頬をすっきりと引き締めることができるでしょう。このマスクは顔をしっかり包んでくれるものなので、テレビを見ながらや、別なことをしながらのフェイスケアが可能です。グッズと一緒にリフトアップ効果のあるジェルやクリームを使用するのもおすすめです。フェイスリフトアップ商品は色々なものがありますので、自分に合うものを使って顔のケアをしていきましょう。

フェイスリフトアップレーザー

現在、フェイスリフトアップを受けたいという人は、皮膚科や美容クリニックでの診察を受けるという方法があります。30代や40代など比較的年齢の若い方で、ほうれい線やたるみが気になり始めた人に向いているのが、レーザーによるフェイスリフトアップです。さまざまなリフトアップの方法があるようですが、メスを入れることなくできるレーザー施術は最近人気があるといいます。レーザーを照射することで皮膚を引き締めるリフトアップは、真皮層の水分に熱をかけ、コラーゲンを収縮させます。強力な引き締め効果を皮膚に与えることが可能となります。皮膚にハリがあるのはコラーゲンの効果であり、コラーゲンは繊維芽細胞によって生成されています。お肌の奧でコラーゲンをつくる機能を高めることで、効率的にフェイスリフトアップを行うことができるという仕組みです。レーザーによるフェイスリフトアップの施術は10分程度で済みます。麻酔や入院の必要もなくすぐにメイクをして帰宅することもできるほどです。期間をあけて2回~5回行うことで、相当な効果が得られます。レーザーによるフェイスリフトアップの後は、軽い日焼けのようにピリピリとすることもあるようですが2日程度でおさまるようです。フェイスリフトアップ効果のあるレーザーを顔に浴びる美容施術のいいところは、メスを使う手術より数段簡単で、気軽にできるところです。