敏感肌でも美白できる方法って?

スポンサーリンク

敏感肌で肌が弱いからということで、美白を諦めてしまっていませんか?今回は、敏感肌でもできる美白ケア方法について紹介します。

敏感肌でも美白の効果を出すには?

敏感肌の方で、定番の美白化粧品を使用したら刺激が強くて肌がピリピリしてしまったという経験ありませんか?もちろん、その美白化粧品の使用感やお肌への刺激は気になりますが、敏感肌は特に美白化粧品が効きにくいという面もあります。敏感肌は、乾燥や肌荒れの連続で繰り返す炎症によって、過剰にメラニンが作られてしまい、美白ケアが追い付かない状態にあります。常日ごろから、シミやそばかす、クスミで悩まされている方も多いのも特長です。まずはお肌のバリア機能を強化し、紫外線などの外部の刺激からお肌を守ることが第一です。すると、その過剰なメラニン生成を抑えれば、美白がしやすくなり、美白化粧品の効果も出やすくなってくるわけです。

敏感肌にふさわしい美白化粧品って?

敏感肌の美白には、初めから美白に焦点を絞るのではなく、まずはお肌の機能を正常に回復させることに力を注ぐことがポイントです。肌機能を取り戻すためには、「セラミド」の生産能力を上げることが肝心です。皮膚内の水分保持の役割を担うセラミドの生成を助ける役割のある美容成分や、「ヒト型セラミド」と呼ばれる人が持っているセラミドと同じ構造で作られている成分の含まれている美白化粧品を選ぶことが大切です。セラミドが増えれば、まず美白化粧品が効きやすいお肌の素地が作られます。

抗炎症効果や抗酸化作用成分入りの美白化粧品?

抗炎症効果や抗酸化作用があり、肌を酸化から守る作用のある美白化粧品を選ぶのも大事なポイントの一つです。敏感肌は紫外線などの外部刺激によって、メラニンが過剰生成されてしまい、シミやそばかす、くすみといったトラブルを起こしやすくなっています。そこで、メラニンを作りだすメラノサイトを刺激する因子を抑える抗炎症効果のあるものがオススメです。肌が酸化し、老化が進んでいる場合には、乾燥・肌荒れを引き起こしてしまいます。この肌の酸化に対処するための抗酸化作用があるものもオススメです。このような成分入りの美白化粧品なら、敏感肌でもしっかりと美白できます。これまで諦めていた方も、ぜひトライしてみる価値ありです。また、美白化粧品の他にも、紫外線対策として日焼け止めを使ってもOKです。日焼け止めも、ノンケミカルタイプのような、低刺激でお肌に負担のかからないものを選びことがポイントです。