セロトニンで不安や不眠を解消?効果あるサプリメントは?

スポンサーリンク

精神的な緊張感や不安感が持続している人や、寝つきが悪いという人は、セロトニンのサプリメントが向いています。最近は、セロトニンサプリメントを利用して、精神的な安定感を得ようとしている人が多いようです。セロトニンはアドレナリンやドーパミンと並ぶ3大神経伝達物質の1つとして知られている成分です。最近は、セロトニンを補給するための手段として、サプリメントもよく使われています。

セロトニンの不足を補えるサプリメントで不安や不眠を解消?

セロトニンの不足によって引き起こされる問題は、精神に関することが多く、最終的には睡眠にまで影響を与えます。トリプトファンや、ビタミンB6をもとにして、人体はセロトニンをつくり、精神が安定するようにしています。今の人達の食事は、昔ながらの日本食と違って肉や油脂に傾倒する傾向があるため、ミネラルやビタミンが足りなくなりがちです。体内のセロトニンが足りなくなる原因として、栄養補給には問題がなかったとしても、太陽光を浴びずに生活をしていたという人もいるようです。セロトニン不足による問題を簡単に解決するためには、サプリメントからも適度に栄養を吸収しながら、生活習慣の乱れを整えることが有効な方法になります。トリプトファンのサプリメントや、ビタミンB6のサプリメントを摂取して、身体に不足している栄養を補給します。サプリメントであれば、最初からセロトニンを摂取すること可能であり、好みに合わせて選べるようになっています。脳内のセロトニンが多くなれば、メラトニンもつくりやすくなり、メラトニンが働くことで、眠りにつきやすくなってきます。身体が必要としている栄養を食事やサプリメントで摂取し、メラトニンがつくりやすくなれば、眠りにも落ちやすくなります。くよくよ考えがちだったり、ネガティブ気持ちからの切りかえがうまくいかない場合は、セロトニンが足りないのかもしれません。悩みを抱えやすい性格で、家の中で閉じこもりがちな人にとっても、セロトニンをサプリメントからも摂取することがおすすめです。

セロトニンのサプリメントで脳をリラックス?

セロトニンは脳においては気分や感情をコントロールする物質であり、不足すると精神的に不安定な状態になります。セロトニンは、体内で生成されている成分であり、約80割が消化管の活動に、8%が血液中に存在して血管の収縮を促します。脳には、2%しか存在していませんが、ノルアドレナリンや、ドーパミンと同じように、脳の情報伝達に関与しています。不安感や、恐怖感を強める成分としてノルアドレナリンがありますが、セロトニンは精神を安定させるために分泌されます。外部からの強いストレスを感じても、脳の情報伝達物質の作用で、正しい反応を示すことができるようになります。お酒や、賭け事への依存症は脳のドーパミンが密接に関与していますが、このドーパミンの分泌を制御するという機能がセロトニンには備わっています。セロトニンのサプリメントは主に睡眠の質を高める目的で販売されています。昼間の活動で十分にセロトニンが分泌されていれば、夜は睡眠を深くするメラトニンの分泌が多くなり、眠りやすくなります。セロトニンの材料となるものはいくつかの栄養素ですが、サプリメントによく使われるものはトリプトファンという必須アミノ酸の一種です。トリプトファン自体は身体の中で作り出すことができませんので、サプリメントや、食事で補給することになります。気持ちが常に不安定で、穏やかな精神状態になかなかなれないという人や、慢性的に眠りが浅い人に、セロトニンのサプリメントは向いています。

セロトニンの分泌を促進する食品やサプリメントって?

サプリメントを使うことで、食事からでは補給しづらいセロトニンを体内に増やすことができるようになっています。精神面に大きな影響を与える物質だと言われているセロトニンは、精神の安定に大きく関与しています。十分な量のセロトニンが分泌されていると精神が安定して、安心感があるので幸せホルモンとも呼ばれています。精神面に影響を与えるセロトニンが不足すると、うつ病や不眠症などの症状が起こることがあります。セロトニンは、体内で生成される物質なので、他の栄養成分のように食品から摂取することはできません。ただし、食品の中には、セロトニンの生成能力を高めてくれるものがあります。身体の中により多くのセロトニンができるようにするには、セロトニンをつくるために消費するビタミンB6や、トリプトファンを多く含んでいる食材を食べるよう心がけるといいでしょう。かつおや高野豆腐、湯葉、大豆、きなこなどはセロトニンの分泌を促す代表的な食品です。サプリメントであれば、いつでも好きなときに摂ることができ、外出先にも簡単に持ち運びができます。気軽にセロトニンの分泌を促す成分を摂取することができるので、食事内容の見直しが難しい人でも利用することが可能です。