亜鉛サプリメントの効果、効能と飲む時間、タイミングは?

スポンサーリンク

最近は、サプリメントで亜鉛を摂取するという人が増えてきています。そして、サプリメントで亜鉛を摂取することで、食事での亜鉛不足を補っています。それでは、亜鉛サプリメントの効果・効能は?亜鉛サプリの飲む時間、回数、タイミングはどうすればいいでしょうか?

亜鉛サプリメントで美肌効果、アトピー対策、にきび予防?

亜鉛のサプリメントは美肌や成長不良を抑制する働きがあることはよく知られています。亜鉛は、アトピー対策や、にきび予防にもいいとされています。亜鉛を食べ物から補給したいという時は、どんな食材を選べばいいでしょう。亜鉛の摂取を食事に頼ろうとするのは、実際問題、思うようにはいかない部分が多いとされています。牡蠣やはまぐり、レバー、牛の肩肉など、毎日継続して食べつづけるには難しい食材に亜鉛が存在しています。日ごろの食生活では、亜鉛は1日10mgくらいしか補給できていませんが、望ましい量は1日に30mgです。どこかぶ不足分を補充しなければなりません。仮に、1日2個ずつ牡蠣を食べることができれば、亜鉛の必要量は問題ありません。ただし、実際問題、毎日2個ずつ牡蠣を食卓に出すようなことはできません。食事ではまかない切れないので、亜鉛のサプリメントが最近人気となっているのです。携行しやすく、水があればどこででも飲めて、カロリーオーバーの心配がないのがサプリメントの利点です。ファーストフードやインスタント食品など、加工された食品を食べる機会が多くなったことで、現代の人達は特定の栄養が足りていないという人が多いようです。体によくない作用が出てしまうくらい、栄養バランスが偏ってしまう食事をしている人も多いようです。亜鉛だけでなく、ビタミンやミネラルなど、健康を維持するために必要な栄養成分をサプリメントで補給するという方法は重視されていくでしょう。

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

亜鉛不足で抜け毛、口内炎、皮膚炎に?妊婦は?

サプリメントなどを利用せず、食事内容の改善もしなければ亜鉛不足になるのは目に見えています。健康維持に十分な亜鉛を補給できないでいると、体にはどういった症状が出るのでしょう。下の先の感覚がにぶくなって、味がわかりにくくなるのが、亜鉛不足の典型的な症状です。粘膜部分を中心に荒れがひどくなり、口内炎や皮膚炎が広がり、髪が抜けやすくなります。亜鉛が十分に足りていない妊婦は、お腹の赤ちゃんが流れたり、奇形になったりします。精神的にも悪影響が出てきます。ビタミンやカルシウムと異なり、亜鉛は体内で具体的にどう機能しているかが不透明な部分があります。けれども、人間の体は亜鉛が十分にないと正常に機能しなくなります。サプリメントに頼らず、食事で亜鉛不足を補うことは不可能ではありませんが、いざ実行しようとなると困難なものです。サプリメントなどを上手に使って、亜鉛不足にならないようにする事が大切です。汗をたくさんかくと、亜鉛も汗と一緒に流れてしまいます。1リットルの汗には、1mg程度の亜鉛が含まれているといいます。亜鉛4mgを含む大量の汗を一度にかいてしまうという人もいます。女性は、生理になると多くの亜鉛を失います。0.5mgの亜鉛が、血液と共に流れ出てしまうためです。たくさん亜鉛を摂取しても、発汗作用など代謝と共に体の外に出て行ってしまう性質があります。亜鉛をたくさん補給する機会があっても、多過ぎれば体外に出されてしまいます。こまめに亜鉛を摂取しやすい、扱いやすい形をしていることが、亜鉛のサプリメントを扱う上では強みになるでしょう。

亜鉛サプリメントを飲む量、回数、時間、タイミングは?

日本人の平均的な食事から摂取できる亜鉛の量は、1日10mg前後といわれています。サプリメントで亜鉛を飲むことで、1日の必要亜鉛量30mgに達しなければなりません。サプリメントに配合されている亜鉛は、酵素からつくったもの、硫酸亜鉛を配合したものなどがあります。体の中に亜鉛の成分が速やかに吸収されるように、キレート加工という加工方法が施されている亜鉛がいいようです。どうにかやりくりして亜鉛サプリメントを摂取しているのに、吸収率が低い状態ならば、排出されてしまいます。原材料の亜鉛は、吸収されやすいものが向いています。亜鉛は、1回に必要以上の量を摂取しても、尿として体外に排出されてしまいます。サプリメントの包装容器などに書かれている、正しい使い方を守るようにしましょう。サプリメントは朝と晩の2度、飲む習慣をつけましょう。サプリメントでまとまった量の亜鉛を摂取するようになったら、頭痛や吐き気が発生したという人もいます。サプリメントを摂取する時に、胃に何も入っていないのは望ましいことではりません、サプリメントを飲む時は、水や白湯などにして、お茶やお酒やめてください。